腐骨除去法(ボーンキャビティー除去法)は、神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科へ

ネット診療予約
  • 神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科
  • リンク
  • サイトマップ
腐骨除去法(ボーンキャビティー除去法)
トップページ > 診療科目案内 > 腐骨除去法(ボーンキャビティー除去法)
腐骨除去法(ボーンキャビティー除去法)について
皆さんもご覧になられたかもしれませんが、最近、テレビや新聞、雑誌などで「歯周病と全身疾患」との関係をよく取り上げられているようです。

「歯周病」に罹患した人は「心筋梗塞」や「糖尿病」が悪化する確率が非常に高くなる、という内容です。
このように、体の中で離れたところに2次的に感染を引き起こすことを「病巣感染」といいます。

病巣感染の原因は、歯、扁桃、上咽頭が90%以上を占めると言われています。

病巣感染の原因となるのは歯周病だけではありません。 実は「根管治療した歯」や、通常の抜歯によって生じる「ボーンキャビティー」も全身疾患と非常に強い関連があります。

歯や顎骨の口腔が原因となる病巣感染を「歯性病巣感染」といい、関連する病気は、
心疾患(心筋梗塞、高血圧、不整脈、心内膜炎など)・アレルギー性疾患・慢性関節リウマチ・
腎臓疾患(腎炎など)・自己免疫疾患(多発性硬化症など)・眼疾患(ブドウ膜炎など)・
喘息など
根の先に膿がたまったり、歯周病が進んでしまって歯を抜くとき、根の周りに取り巻いている「歯根膜」や「硬化性骨縁」の部分を除去せずに抜歯してしまうと、そこには健全な骨の再生ができず、細菌やウィルスに感染した腐骨になってしまいます。

歯根膜繊維は吸収されにくいので抜歯後、長期に残存することにより血流障害をおこすことと、歯根膜繊維があると歯がまだあると生体がみなしてしまうために、健全な骨の再生ができなくなります。

また、感染源の細菌やウィルスを患部から外に流出するのを防ごうとする生体防御反応として作られた硬い骨のバリアである「硬化性骨縁」は非常に血流が悪いため、骨の再生ができなくなります。

1996年のリービーとハギンスの調査によると、691例の抜歯ケースで77%にボーンキャビティーがあったとのことです。親知らずは354例中88%にボーンキャビティーが存在していたと発表しています。
腐骨除去法(ボーンキャビティー除去法)
  • 抜歯するときは歯根膜繊維をきちんと除去することが重要です。
  • 周囲に感染した骨や硬化した骨がある場合は、その部分も除去することが重要です。

除去するときは強い抗酸化力があり、免疫力が上がる高濃度ビタミンC点滴をしながら行うと効果的であり、抜歯したところに血液から作成したフィブリンを入れるとより一層治りがよく、早くなります。

このように全身疾患との関係を考慮して治療する歯科医師をバイオロジカル・デンティストといい、アメリカやドイツをはじめとするヨーロッパではこの数年で増えてきています。
ちなみに、腐骨除去手術をしている歯科医師数は、アメリカで約80人、ドイツで約100人とのことです。
腐骨除去法(ボーンキャビティー除去法)腐骨除去法(ボーンキャビティー除去法)2013年国際オーソモレキュラー学会@トロント
トーマス・レヴィー医師(米国心臓血管専門医)

「乳ガンや頭頸部ガンの最大の原因は、
 リンパ系で直接つながっている口の中の感染根管である。
 また、これらは心臓病にも深く関わっている。」
お問い合わせはこちらをクリックspネット診療予約はこちらをクリック

腐骨除去法(ボーンキャビティー除去法)は神戸市中央区の歯科医院/歯医者アートセンター歯科へ


歯根に膿がある場合 ⇒ 全身の病気との関係が問題
どのような状況になっているのか?
歯の中 根管(主根管、側枝)、象牙細管の中に病原性をもった細菌が充満している状態です。また、血行がないので生体の免疫力は全くゼロです。
膿のある部位 病原性をもった細菌と免疫細胞とが戦っている状態で膿が生じています。周囲の骨も感染しています。
どうすればいいか?
治療していく場合

抜歯

無菌化するには最も確実な方法。
周囲の骨も感染しているので一層削除することが重要。

根管治療

太い主根管のみ清掃が可能。
レントゲン上で治癒したように見えても側枝や象牙細管には細菌が存在したままで病原性は残っている

歯根端切除

歯冠歯根比が低下して弱くなる。
レントゲン上で治癒したように見えても側枝や象牙細管には細菌が存在したままで病原性は残っている

治療しない場合

全身に対する影響をできるだけ少なくすることが大切。
その為に、抗酸化力のあるビタミンC(高濃度ビタミンC点滴 リポスフェリックビタミンC)の摂取をおすすめします。

お問い合わせはこちらをクリックspネット診療予約はこちらをクリック

腐骨除去法(ボーンキャビティー除去法)は神戸市中央区の歯科医院/歯医者アートセンター歯科へ

ページトップへ
歯性病巣感染について
皆さんはご存知ですか?虫歯と全身の病気は関係しているのです。

膿をもった歯がある、と言われたことはありませんか?その場合その歯は感染があるということです。一般的に虫歯になり感染(膿)を起こしてしまった場合、歯の根管(根っこ)を消毒する処置を行います。

しかし、歯の象牙細管は顕微鏡でしか見ることのできない程細かい管でできており、その 管の長さは全てつなぐと前歯(単根歯)でも約4.8kmにもなると言われています。

そのため、消毒処置をしっかりとしても象牙細管内に入り込んだ細菌をゼロにすることは難しい上、この細菌が非常に強い病原性、毒性があると言われています。
歯性病巣感染
口腔内の病巣が全身的な病気の原因であると証明することは現在においてもきわめて困難ではあるが、歯性病巣感染を治療していくことにより以下の病気を軽快・完治する症例も多数あることも事実である。
歯性病巣感染に関係すると思われている全身の病気
  • 関節疾患:慢性関節リウマチ
  • 循環器および血液疾患:心内膜炎・心筋炎・高血圧症・悪性貧血
  • 泌尿器疾患:慢性糸球体腎炎
  • 消化器疾患:胃・十二指腸潰瘍・虫垂炎
  • 皮膚疾患:全身性エリテマトーデス・湿疹・じんましん・疥癬など
  • 筋疾患:筋炎・筋肉痛
  • 神経疾患:神経炎・神経痛
  • 眼疾患:ブドウ膜炎
  • 呼吸器疾患:喘息など
  • 癌:乳がんの300症例の97%は歯の根管治療を受けていたため何らかの関連性があるとも言われている
神経をとってしまった歯は免疫力が低下して細菌の温床になってしまいます。まずはそのようにならないように小さな虫歯を予防することから始めましょう。
すでに現在病巣感染がある場合で病気や免疫が低下している方は抜歯の検討もおすすめします。

※病巣感染があり抜歯する際は特殊な方法を用いて行うため医師と相談の上行ってください。
お問い合わせはこちらをクリックspネット診療予約はこちらをクリック

腐骨除去法(ボーンキャビティー除去法)は神戸市中央区の歯科医院/歯医者アートセンター歯科へ

ページトップへ

神戸市中央区の歯科医院(歯医者) アートセンター歯科 新神戸駅すぐ


  • 神戸市 アートセンター歯科診療時間
  • スマートフォンサイト
  • 当院の治療方針
  • ネット診療予約
  • 無料メール相談
  • 歯周内科
  • ぺりセラ
  • ドックスベストセメント
  • 予防歯科(PMTC)
  • メタルフリー・ノンメタル治療
  • 審美歯科(メタルフリー・ノンメタル治療)
  • アマルガム水銀除去
  • マイクロスコープ診療(顕微鏡歯科)
  • 精密根管治療(マイクロエンド)
  • 腐骨除去法(ボーンキャビティー除去法)
  • インプラント
  • 高濃度ビタミンC点滴療法とサプリメント
  • 入れ歯・義歯
  • 矯正歯科
  • ホワイトニング
  • 神戸市 歯科衛生士・衛生士求人情報
  • 医療費控除制度について
  • クレジットカード対応

神戸市中央区 歯科医院/歯医者
アートセンター歯科 新神戸駅すぐ


神戸市中央区 歯科医院/歯医者
アートセンター歯科 新神戸駅すぐ