新神戸アート歯科・矯正歯科|神戸市中央区
診療時間:
月 火 水 金09:00〜17:30

09:00〜17:00

※お昼の休憩時間はありません。

〒651-0055
兵庫県神戸市中央区熊内橋通7-1-13
神戸芸術センター4Fメディカルフロア

月 火 水 金09:00〜17:30

09:00〜17:00

※お昼の休憩時間はありません。

子供の虫歯治療

Child Tooth Treatment

お子様の虫歯でお困りの親御さんへ

お子様の虫歯が発覚したら、まず親御さんがしなければならないことは、歯科医院で治療を受けることです。

歯質が弱いお子様のうちは虫歯の進行が早く、放置することで歯を失ってしまうと歯列や顎骨の成長にも影響が出てしまいます。

できるだけ早く治療をうけ、虫歯の進行を食い止めて、虫歯に侵されない予防処置に移行していくことが重要です。

お子様が虫歯になってしまい、歯医者へ行くかどうか迷われている親御さんに、どうして子供の虫歯治療を早くするべきか、当院ではどのような治療を行うのかをご説明していきます。

お子様の虫歯でお困りの親御さんへ

乳歯は生え変わるから虫歯を放置しても大丈夫?

乳歯は生え変わるから虫歯を放置しても大丈夫

乳歯が虫歯になってしまっても、生え変わるから放置しても大丈夫と思われている方はいませんか?結論から申し上げると、それは間違いです。乳歯一度にすべて生え変わるわけではありません。

永久歯の隣が虫歯の乳歯である場合、その乳歯の虫歯が永久歯にうつり、永久歯が虫歯になります。

その理由は、虫歯の原因はプラークの中に存在する細菌であるからです。
細菌が健康な永久歯にプラークが付着し、細菌の増殖を繰り返すことで虫歯は広がっていきます。

だからこそ、乳歯の虫歯は見過ごしてはいけません。 虫歯が発覚したら、しっかりと治療を行い、二次的・三次的な問題に繋がらないようにする必要があります。

子供の虫歯は進行が早い?

子供の虫歯は進行が早い

子供の歯は大人の歯に比べて、エナメル質と呼ばれる部分が薄いです。
そのため、象牙質や神経にまで進行するスピードが早いことが懸念されます。

虫歯の進行が早く、歯の神経にまで到達してしまうと歯の神経に対する処置や最悪の場合は抜歯になるケースもあります。それはお子様のお口の成長を阻害する要因にも繋がってしまいますので、なるべく早く治療をうけることが大切です。

子供の歯を失うリスク

子供の歯を失うリスク

子供が虫歯によって歯を失ってしまった場合、様々なリスクが伴います。
歯を早くに失ってしまうと、失った場所に隣の歯が倒れてくることで、永久歯が生えるスペースを無くしていきます。

それによって、窮屈に生えてきた永久歯が押し出されるようになり、不正咬合の原因となります。つまり、歯並びに問題がでるということになります。

そうなると、歯列矯正で歯を並べる必要が出てきます。

保隙と言って、将来生えてくる永久歯のスペースを確保する装置がありますが、
やはりこのような装置を使用せずにきちんと生え変わりを待つことがとても大切だと思います。

当院が行う子供の虫歯治療

虫歯になってしまった場合は、大人と同じような治療が必要になります。
親御さんにはお子様が大人と同じ治療をしたときの負担を考え、なるべく早く歯医者に連れて行くようにしましょう。
これは歯科医療従事者としてのお願いとなります。

最初期の虫歯治療

最初期の虫歯である場合は、むやみに削るのではなく、口腔内のクリーニングと再石灰化処置によって、虫歯の進行を食い止めます。

親御さんには仕上げ磨きの方法を習得してもらい、自分で歯磨きできるお子様にもブラッシングの練習をしてもらいます。 その後も定期的に通院していただきながら、クリーニング・フッ素塗布を繰り返していきながら経過観察をしていきます。

軽度の虫歯治療
(エナメル質にまで進行した虫歯)

軽度の虫歯になると、大人と同じような治療内容になります。

虫歯を完全に除去し、詰め物を行います。歯質の弱い子供の歯の場合、詰め物が取れやすくなっているので、定期的に通院いただくことで、そういった状況にも対応することができます。

中度の虫歯治療
(象牙質にまで進行した虫歯)

象牙質にまで進行すると、お子様は冷たいものなどで歯の痛みを感じるようになります。

軽度の虫歯に比べると、虫歯の範囲が広くなるため、詰め物をする必要があります。歯の神経はとても大切ですので、できればこの段階までに治療を開始していただきたいと強く思っています。

中度〜重度の虫歯
(神経にまで進行した虫歯)

虫歯が神経にまで進行すると、耐え難い痛みに襲われます。

お子様も泣いて痛みを訴えるようになり、治療も通常の治療よりも大変なため、お子様の負担も大きくなります。 大人と同じように神経の処置をした場合は、被せものが必要になります。

重度の虫歯
(歯の根にまで進行した虫歯)

歯を残すべきか、抜歯をすべきかはお子様の年齢や状態によって変わります。

他の歯への影響を考えた場合(特に乳歯の場合)は、抜歯を選択することもあります。

この状態にまで進行しないうちに治療を開始していただきたいと思いますが、残念ながらこのような状態になった場合はきちんと治療をして、再発しないように予防処置を徹底していただきます。

当院は親御さんとお子様の
ホームドクターでありたい

当院は親御さんとお子様のホームドクターでありたい

虫歯でお困りの親御さんは、この機会にお子様のお口について興味を持ち、歯を守るために正しい知識を学んでいただきたいと思っています。

全てが親御さんの責任ではありません。
当院は親御さんと大切なお子様に寄り添い、正しい知識提供を行いながら、予防の重要性を知っていただきたいと思っております。

親御さんにとってベストなホームドクターになれるよう、当院も努力を続けていきます。虫歯でお困りになられたら、当院へご相談ください。

歯科治療のご予約・矯正歯科のご相談

当院では歯科治療のご予約、矯正治療のご相談はオンラインもしくはお電話にて承っております。
(いずれも完全予約制になっております。)
当院では初診の方は75分、矯正歯科の相談に関しては30分頂戴しております。
ご予約・ご相談をご希望の方はお時間を十分に確保した上でご予約いただきますようお願い致します。

〒651-0055
兵庫県神戸市中央区熊内橋通7-1-13
神戸芸術センター4Fメディカルフロア

診療時間:
月 火 水 金09:00〜17:30
09:00〜17:00

※お昼の休憩時間はありません。