矯正歯科や小児矯正は神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科へ

ネット診療予約
  • 神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科
  • リンク
  • サイトマップ
矯正歯科
トップページ > 診療科目案内 > 矯正歯科

あなたの未来に
〜 健康な口腔環境は歯並びから 〜

矯正歯科
矯正歯科について
矯正歯科 神戸市中央区のアートセンター歯科では、矯正治療期間中も、虫歯や歯周病のリスク管理も含めての矯正治療を行っております。

矯正治療中に、虫歯にならないか、また歯周病が進行しないかとご心配されている方は多いのではないでしょうか。せっかく矯正治療を行っても、装置を外してみると虫歯ができていた、歯周病が進行していたということが極力無いように、矯正治療前に虫歯のリスク、歯周病のリスクなどを詳しく検査をし、その方に応じたクリニックケア、ホームケアを提案させていただいています。このようなケアを、矯正治療と同時に受けていただけることは、当院での矯正治療の特徴です。

矯正治療中は、ワイヤー矯正の場合、器具がたくさん歯についている為、ご自身で時間をかけて歯を磨いてもブラシの行き届かないことがよくあります。こういったことが原因で矯正治療中に虫歯が進行することがあります。

マウスピース矯正では、マウスピース装置時間は1回22時間を目標にします。きちんと歯磨き、フロスができていないとマスピースのなかでは唾液の流れが滞りますので、虫歯が進行しやすい環境になります。こういった虫歯リスクに対して、矯正治療中、通院の際にクリニックケアを行ったり、その方の環境に応じたホームケアをお伝えします。

矯正治療が終わった後も健康な歯を保っていただくために、矯正治療中の口腔ケアも含めた治療を提供しております
除去の実際 アートセンター歯科では、矯正治療だけではなく虫歯治療、歯周病治療、根管治療、インプラント治療、義歯治療などの全ての歯科治療に対応しております。

歳を重ねるごとに、少しずつ歯並びの変化に気づかれておられる方も少なくないのではないでしょうか?

最近では、60代以降の方で、年齢とともに、前歯の凹凸が強くなってきたということで矯正治療を希望される方が少しずつ増えてきています。中にはインプラントをされていたり、部分義歯を使われている方が、矯正治療をご希望されることもございます。

アートセンター歯科では、このように欠損部位をお持ちの方の矯正治療にも、対応させていただいております。矯正治療と他の歯科治療を全体的に考慮して、最終的にお口の中の歯科治療をよりベストなゴールに導くための、トータルの歯科治療をご提案させていただいております。

当院では、従来のワイヤーによる矯正治療はもちろんのこと、目立ちにくいマウスピース矯正(インビザライン)行っております。マウスピース矯正は、口腔内の歯全体がマウスピースに覆われた状態で矯正治療が進みますので、欠損部位をお持ちの方でも受けて頂きやすい矯正治療方法です。

まずはじめに矯正治療を行い、歯の凸凹を改善してから、被せ物を作り直したり、新たにインプラントを行ったり、新たに義歯を作ったりという治療も可能です。

歯並びは気になっているけれど、ご自分に矯正治療ができるなんて考えもしなかった・・・という方は、非常に多くいらっしゃいます。是非、一度お気軽にご相談下さい。
矯正無料カウンセリング予約

矯正歯科・小児矯正歯科は神戸市中央区の矯正歯科対応のアートセンター歯科へ



治す方が良い歯並び
以下のような歯並びの場合、矯正治療を受けられることをおすすめ致します。
特に咬み合わせについては注意が必要です。子供時代の骨と筋肉の成長は早く、将来の顔の容貌を早期に形成します。その為、歯や歯茎の整合性がとれていないと顎関節部の症状を感じることがあります。
子供の発育はとても早いので問題が深刻になる前に治療を受けることが肝心です。
除去の実際
また、幼少期に検診を受けられることにより、早期に問題を発見でき、後に永久歯が生えてから矯正治療を行うよりも治療期間も短く、コストを抑えられるメリットがあります。
矯正無料カウンセリング予約

矯正歯科・小児矯正歯科は神戸市中央区の矯正歯科対応のアートセンター歯科へ

ページトップへ

各矯正治療のご案内
マウスピース矯正インビザライン 小児矯正歯科
矯正無料カウンセリング予約

矯正歯科・小児矯正歯科は神戸市中央区の矯正歯科対応のアートセンター歯科へ

ページトップへ

非抜歯矯正治療を心がけております
非抜歯矯正治療神戸市中央区のアートセンター歯科は、矯正治療において、極力、歯を抜かない(非抜歯)での矯正治療を目指します。ご自身の歯は抜かないに越したことはありません。

ただし、全ての症例において、非抜歯(歯を抜かない)矯正治療ができるわけではありません。
本来、非抜歯矯正方法とは、早い時期から取り掛かりお子様の歯並びや土台の骨を矯正治療によって成長させながら並べていく方法だからです。成長が終わっている成人の方(大人の方)では、どうしても症例によっては抜歯が必要になるケースも出てきます。

このような点も含め、小さい頃から矯正治療に取り掛かる方が良いのです。

子供の時期に矯正治療をするメリットは、成長の力を持っている時期に、顎の正しい発育の方へと導き、永久歯が生えるスペースを作り、上下の顎の位置・バランスを整えることができます。また、顎の骨の発育と共に、唇や舌や頬の筋肉、鼻などの口腔周囲の機能の発育も最大のメリットです。

より詳しい内容は、是非、小児矯正歯科ページをご確認下さい。
矯正無料カウンセリング予約

矯正歯科・小児矯正歯科は神戸市中央区の矯正歯科対応のアートセンター歯科へ

ページトップへ

矯正治療に関するよくある質問
Q 矯正治療期間はどのくらいかかりますか?
A 成人の場合は、歯を動かす期間は、一般的には1年半から2年半で、その後これとほぼ同期間、保定期間を設け、保定装置を使っていただきます。
尚、子供の矯正治療期間については、こちらをご覧下さい。(子供の矯正治療Q&A>>>)
Q 矯正治療は痛くありませんか?
A 矯正治療に伴う痛みには、歯が動き始めるときに感じる痛みと矯正装置が当たることによって感じる痛みがあります。

●歯に感じる痛みについて
矯正治療が始まり歯が動き始めると、歯に痛みを感じるようになります。装着後数時間ほどで違和感が始まり、装着から1日経った頃が痛みのピークになり、3〜7日で痛みはほぼなくなると言われています。この痛みは歯を噛み合わせて接触することにより感じる痛みで、数日すると痛みはやや和らいでいきます。
その間は柔らかいお食事を召し上がっていただいたり、場合によっては痛み止めを飲んで安静に過ごしていただきます。

●矯正装置による痛みや違和感について
矯正装置が歯につきますと口の中の粘膜や舌に器具が触れることで痛みを感じることがあります。慣れてくるとともに痛みは感じなくなっていくことが多いですが、器具の上にワックスをつけて痛みを和らげる方法があります。

Q 歯を抜くこともありますか?
A 矯正治療で歯並びををきれいに整えるためには、歯を抜いて治療を行うのか、また歯を抜かずに治療を行えるのかは、まず土台の顎の大きさと歯の大きさとのバランスを検査して調べていきます。口元の突出感を改善させたいときには、残念ならが歯の本数を減らすことが必要になることもあります。
ただ、当院では、出来る限り歯を抜かずに矯正治療出来る方法を考えていくという方針で治療を行なっています。
Q 治療が終わった後、後戻りはないですか?
A 矯正治療による歯の動きの処置が完了したら、保定期間というステージに移行します。
治療で移動させた場所で歯が安定するには、動きの処置とほぼ同期間、保定装置を使って安定を図る必要があります。この保定装置の装着時間が少ない場合は、残念ながら後戻りを起こしてしまいます。矯正治療期間と共に、保定期間も大切な時期と、知っていただきたいです。
矯正無料カウンセリング予約

神戸市中央区の歯科医院(歯医者) アートセンター歯科 新神戸駅すぐ


  • 神戸市 アートセンター歯科診療時間
  • スマートフォンサイト
  • 無料メール相談
  • 初診の流れについて
  • ドックスベスト治療法
  • ノンメタル・メタルフリー治療
  • マウスピース矯正インビザライン
  • マイクロスコープ治療
  • ラバーダムを用いた治療
  • ドックスベストセメント
  • メタルフリー・ノンメタル治療
  • 矯正歯科
  • マイクロスコープ診療(顕微鏡歯科)
  • 精密根管治療(マイクロエンド)
  • アマルガム水銀除去
  • 腐骨除去法(ボーンキャビティー除去法)
  • 審美歯科(メタルフリー・ノンメタル治療)
  • 予防歯科(PMTC)
  • 歯周内科
  • ホワイトニング
  • ぺりセラ
  • インプラント
  • 入れ歯・義歯
  • 高濃度ビタミンC点滴療法とサプリメント
  • 神戸市 歯科衛生士・衛生士求人情報
  • 医療費控除制度について
  • クレジットカード対応

神戸市中央区 歯科医院/歯医者
アートセンター歯科 新神戸駅すぐ


神戸市中央区 歯科医院/歯医者
アートセンター歯科 新神戸駅すぐ